射精

精子の性質と射精の量

射精回数には限度がある?

 

昔からよく男性の射精について話題になるのが、一生の中で射精回数は限度があるということです。

 

男性の中には生涯で射精できる回数は千回や1万回などと制限があるので、できるだけオナニーを控えて、いざという時にペニスが活躍できるしようという心構えを持っている人がいるようです。

 

しかし、この考えは大きな間違いなのです。

 

精子は射精をしてもすぐに生成されるような仕組みになっています。

 

そのため男性は射精すればするほど、精子の生成能力が高まると言われています。

 

特に若い男性は実感があると思いますが、1日に5回以上射精しても次の日にオナニーができるのはこのためです。

 

精子の性質

 

セックスやオナニーをしないで射精を我慢すると、精子は毎日のように溜まっていき性欲が高まると言われています。

 

確かに、風俗などのエッチなお店に行く前は射精を控える人は多いです。

 

しかし、実は精子の量には人によって限度があって、一定の量になると分解される仕組みになっています。

 

そのため、射精しないと精子が溜まり続けるということは有り得ないのです。

 

季節によって精子は変わる?

 

これはほとんどの男性が知らない、性に関する知識ですが、春、夏、秋、冬によって精子の性質は多少異なるのです。

 

基本的に春になると精子が活発になると言われています。春に男女の交際が始まるのはこれが原因なのかもしれないですね。

 

男性が歳を取ると精子はどうなる?

 

年齢によって精子の質が変わり、女性を妊娠させづらくなると考えられていましたが、実は老人になっても勃起して射精をするが出来れば、若い男性が射精するのとほぼ同じ確率で妊娠させることができます。

 

どうせ妊娠しないだろうと避妊をしない男性が多いようですが、年輩の方でも避妊をしないとうっかり子供を作ってしまったなんてことにもなりかねません。

 

とは言っても普通、人間は年齢を重ねると、若い時代の精力を失い、EDなどの症状が発症するのが通常ですが、昔のようなペニスを取り戻す方法があれば・・・続きはこちら

 

 


 

セックス体位の種類へ進む

 

ペニスを大きくする方法へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。