エイズ

セックスと感染症

エイズ感染

 

エイズとは簡単に言うと、感染すると人の免疫力を低下させ、治療をしないと、普通の人では感染しない、弱い細菌に感染して大きな病になることもあります。

 

特にエイズに感染すると肺炎になる危険性が高まります。

 

ちなみにエイズとHIVを同義語と考えている人も多いようですが、実は二つの用語は全く異なる意味を持ちます。

 

エイズとHIV違い

 

簡単に言うととエイズは後天性免疫不全症候群という病気が発症してしまったている状態で、エイズになると人間の免疫力が低下します。

 

HIVとは人免疫不全ウイルスのことで、病気の名前ではありません。HIVウイルスに感染したからと言って、エイズ患者になる訳ではありません。

 

簡単に言うと、HIVウイルスとはエイズを発症させる原因となるウイルスのことです。

 

HIVウイルスに感染してすぐにエイズが発症する訳ではなく、10年後くらいにエイズが発症すると言われています。

 

アフリカのエイズ問題

 

エイズはアフリカなどの発展途上国で発症患者が多いのは有名です。その数は年間数百万人にも及ぶと言われています。

 

日本のような先進国ではエイズに感染している人の割合は少なく、安心している人も多いようですが、実は油断していると知らない間にHIVに感染してしまうこともあります。

 

感染する多くの理由は、海外から日本にやってきた人とコンドームを装着せず性行為したり、海外旅行に行った時などにセックスする人が結構多いのです。

 

ついつい予防を怠ってしまう人が多く、油断をしてHIVに発症してしまうこともあるのです。

 

若い世代のエイズの認識

 

最近では、元AV女優の紅音ほたるさんなどエイズ予防のためのコンドーム着用を訴える活動している人も結構います。

 

実は現代の10代、20代の世代はエイズ教育を徹底して受けてきているため、エイズの恐怖を認識している人が結構多いのです。

 

しかし、認識はしているが、確実にコンドームの着用をしている人はそれほど多くなく、感度が良いからという理由で生で挿入するも結構いるのです。

 

コンドームを装着すれば確実に感染を防げるものではありませんが、もっとコンドームの大切さを知ってもらいたいものです。

 

セックスの初体験へ進む

 

オーガズムへ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。