妊娠セックス

妊娠するには?

 

人間がセックスをするには2つの理由があります。1つは快楽を求めるため、2つ目が妊娠して子孫を残すためです。

 

基本的に妊娠するには、男性が女性の膣の中で射精して、受精することで妊娠することができますが、受精するれば必ず妊娠するという訳ではありません。

 

実は受精して6回に1回の割合で、不運にも受精した胚が膣から出てしまうのです。

 

子宮の役割

 

子宮と言えば、妊娠した時に体内の子供を成長させるために必要になるものですが、子供を作らない人は子宮を摘出しても良いのでしょうか?子供を作る意外にメリットはあるのでしょうか?

 

ガンなど重度の病気の時に仕方なく子宮を摘出することはありますが、基本的に子供を作らないからと言って子宮を摘出することは無いです。

 

実は支給には子供を作る以外に、重要な役割があります。子宮はホルモンを生成し維持する働きがあります。このことによって体の健康バランスに良い影響を与えていると言われています。

 

子宮を摘出した後のセックス

 

子宮を摘出すると、セックスの感度は変わってくるのでしょうか?また、オーガムズに達することはできるのでしょうか?

 

実は子宮を摘出したからと言って、それほどセックスにおいて大きな影響は無いと言われています。

 

また子宮が無いメリットとして、望まない妊娠する可能性が無いので、全力でセックスを楽しむことができます。

 

同じ性別の子供ばかり生む理由

 

よく、5人子供を産んで、5人共男の子だったり、女の子だったりと片寄がある場合があるが、何か理由はあるのでしょうか?

 

実は男女の子供のできる確率は同じで、これは偶然です。

 

セックスの仕方で生まれる子供の性別を決められる?

 

生まれてくる子供の性別を決めることが出来れば良いのに・・・などと考えたことのある人は多いはずです。

 

実はこれまで、性別を決めることのできる方法説が何度が出ました。

 

例えば、タンパク質を大量に摂取すると男の子が生まれやすい、生理の直後にセックスして受精すると男の子が生まれやすい、排卵の付近でセックスすると男の子が生まれやすい、その他にもペニスの長さ・太さ・硬さ、セックス体位なども子供の性別を決めるのに関係あるという説もありましたが、未だに子供の性別を決める、確実な方法は判明されていません。

 

女性が産める子供の数

 

日本では10人以上子供を作るとテレビなどにも注目されるほど珍しい、子だくさんですが、海外の他の国では10人以上子供を作ることは珍しいことでは無い場所もあります。

 

女性が生涯に産める子供の人数には限界があるのでしょうか?

 

普通に考えると30人程度が限度ではないか?と思われますが、世界では50人以上の子供を作った女性が存在します。

 

女性が産める、子供の人数の限界は誰にも分からないでしょう。

 

精子バンク

 

近年、子作りで流行しているのが、精子バンクです。精子バンク(銀行)とは男性ドナーから採取した精子を保管する場所です。

 

精液は凍結して、依頼があれば解凍します。

 

精子バンクは日本ではそれほど普及していませんが、欧米に行けば、当たり前のように利用されています。

 

精子バンクを必要とする理由は、子宝に恵まれない人、男性・女性の生殖機能に問題があったりなど妊娠すること困難になった人たちです。

 

精子バンクのメリット

 

精子バンクは知らない男性の精子の利用する訳ですが、遺伝能力や、人柄などの情報は得ることができます。

 

そのため、自分の子供にスポーツ能力を期待したい場合は運動能力が高い遺伝子を持った精子を選ぶこともできます。

 

一度、精子バンクを利用すると2人目の子供も精子バンクで作る人も結構いるようです。

 

妊娠中のセックスは危険?

 

妊娠中のセックスにリスクがあるかどうかは、今のところ判明していません。基本的に産婦人科の医者に経過に問題があると伝えられていなければ、安心してセックスすることができます。

 

一時期、欧米や日本で妊娠中にセックスすると早産、赤ちゃんに障害が残る、中絶の確率を高めるなどと噂されていましたが、正式に判明されている訳ではないので、今のところ妊娠中セックスして問題ないということでしょう。
しかし、セックスの最中もできるだけ、女性に負担をかけることなく、できるだけお腹を冷やさない心遣いが必要です。

 

また、医師から安静にしてくださいなどと指示を受けている場合はセックスは避けましょう。

 

妊娠中のセックスは女性の妊娠状態によって異なるので、不安の方は医者に詳しく聞くことをおすすめします。

 

妊娠しやすい季節・月

 

春は妊娠やすい、夏は妊娠しやすい、秋は妊娠しやすい、冬は妊娠しやすいなどいろいろな説があるようですが、

 

この季節や月が妊娠率を高めるなどは無いようです。

 

避妊とエッチへ進む

 

性器の周辺を整えるへ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。