膣の役割

膣の洗浄

 

膣は英語でウァギナと呼ばれています。

 

膣の役割は、悪い菌を防ぐ役割、セックス時のペニスを受け入れること、それと出産の時に使いいます。

 

これはあまり知られていない事ですが、膣には体を有害の菌から守ってくれる、重要菌があるのです。

 

普段の日常やセックス後に女性器を入念に洗っている人がいますが、膣の内部まで、しっかり洗ってしまうと、体を守ってくれる菌まで洗い流してしまうことになります。

 

それと、膣を洗う時に石鹸を膣内に入れてしまう人もいるようですが、これもあまり良い方法とは言えません。

 

基本的に膣内は洗う必要は無く、洗いすぎるとかゆくなることもあります。

 

男性が女性性器を洗ってあげる機会もあると思いますので、理解しておいてください。

 

膣の長さは?

 

膣の長さは意外と短く、10㎝程度しかありません。男性のペニスより短いことがほとんどですが、性的に興奮すると膣が伸びることもあるそうです。

 

短いペニスでは膣は感じない?

 

よく女性は短いペニスでは満足のできるセックスが出来ないと、悩んでいる男性もいますが、実際に短いペニスで女性を気持ちよくさせることは不可能なのでしょうか?

 

ペニスは太く、長い方が、良いものですが、実は短いペニスで女性を感じさせることは可能です。

 

膣の手前は膣の奥よりも、末端神経が集中しているため、感度が鋭いのです。そのため、膣はペニスが短くても、快感を得ることができるのです。

 

セックス中のおなら

 

何度かセックスをしていると、女性の膣からオナラのような「ブッ!」という音を聞いたことがあると思います。

 

初めて聞いた人は、一瞬女性がおならをしたと勘違いしてしまうでしょう。女性にとっては恥ずかしいばかりです。

 

膣のおならの原因はセックス中に空気が漏れてしまうことが理由です。

 

ピストン運動をするとどうしても起こってしまうので、男性は理解してあげる必要があります。

 

膣とクリトリスを同時に刺激するオーガズムになりやすい?

 

膣にペニスを挿入して、ピストン運動を繰り返すだけでは、女性はオーガズムになりにくいのです。

 

同時にクリトリスを刺激することで、女性がオーガズムに達する確率は上がります。

 

激しいピストン運動を繰り返せば、女性をイカせることができると思っている、男性は今すぐ考えを改めるべきですね。

 

セックスで潮を吹かせる方法へ進む

 

クリトリスの勃起・肥大・包茎へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。