ペニスの挿入テクニック

ベストなペニスの挿入

 

ペニスの挿入=ピストン運動ですが、セックステクニックのある男性は、ピストン運動が一味違います。

 

セックスの上手な男性はペニスを膣の奥に突くことではなく、引くことを重要と考え、ピストン運動の時、神経を使います。

 

しかし、残念ながら、ほとんどの男性が、ピストン運動の時に意識するのはペニスを引くことではなく、できるだけ膣の奥をつくことです。

 

ピストン運動の時に引くテクニックを持っている男性は全体の1割以下だと思います。

 

確かに、セックスの最中、膣の奥までペニスを求める女性はいますが、奥を突かれるのを痛いだけと感じている女性も多いのです。

 

女性の感度の非常に高いとされているGスポットは膣の入り口からすぐの場所にあるので、普通は浅くペニスを突いた方が気持ちいいはずなのです。

 

逆に膣の奥は感度が鈍感で、快感を得ずらいとされています。そのため、セックスで単純に奥まで突くだけでは、女性を満足させることは難しいでしょう。

 

女性によって膣内で感じる場所も違いますので、いろいろなピストン運動の種類を試すのも、セックス上達の秘訣の1つだと思います。

 

女性が感じる挿入角度

 

男性は挿入で女性を気持ちよくさせたいと考えるのであれば、挿入角度に少し工夫が必要です。

 

膣内でのペニスの理想の角度は30度~40度と言われています。膣の上を突くイメージですね。

 

また、挿入と同時にクリトリスを刺激することも大切です。セックス中に指で刺激するのが、難しい人はクリトリスを体で擦るイメージでセックスすると効果的です。

 

男女のキスへ進む

 

ピストン運動の種類へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。