性病

性感染症

性病

 

性感染症とは性行為から発症する危険のある感染病のことです。略して性病と言います。

 

どのようなケースで性病が感染するかというと、例えば風俗店のケースです。

 

人気のある風俗嬢では予約が常に埋まっていて、1日に7人の男性と相手をすることも珍しくありません。

 

1ヶ月100人以上の男性と性的な接触のある風俗嬢はたくさんいるのです。

 

そう考えると年間で1000人以上相手している、女の子もいることになります。

 

その男性の中で1人くらい、性病に感染していても珍しくないでしょう。性病に感染した、風俗嬢からお客さんに感染していくケースもあるのです。

 

性病はフェラチオなどでも簡単に感染してしまいますので、注意が必要です。

 

男女 性病の種類

 

クラミジア

 

クラミジアの症状としては、尿をする時に痛みがあったり、尿道が痒くなることがあります。膿が出るケースもあります。

 

クラミジアは自分が性病に感染していることを、認識していないで、女性に感染させてしまうことが多いです。

 

また、クラミジアになるとHIVの発症率が3~4倍以上に確率が高まります。

 

淋病(りんびょう)

 

淋病の症状は膿や腫れ、激しい痛みが出ることがあります。感染してから発症するまでに少し時間が掛かり、人によっては性行為をしてから1週間後に症状が現れることもあるようです。

 

梅毒(ばいどく)

 

梅毒の症状は赤くあざができる、皮膚がかぶれる、脱毛などがあります。症状には段階があって、第一期から第四期まであります。

 

あの有名なアメリカ大陸を発見したコロンブスも感染したことがあるという説もあります。

 

ヘルペス

 

ヘルパスの症状はかゆみ、リンパの腫れ、発熱などです。感染してから発症するまで、1週間程度時間が掛かります。

 

女性の性病検査

 

女性の性病を検査する方法は大きく2つ分かれます。

 

血液検査

 

一般的な血液を採取して性病に感染しているか調べる方法です。最もメジャーな性病検査と言えるでしょう。

 

通常ですと、HIVなども血液検査で判別することができます。

 

おりもの検査

 

女性の子宮の入り口に綿棒を入れて、膣内からおりものを擦過します。

 

クラミジアを調べる時に多く使われている検査です。

 

コンドームで性病は防げる?

 

性病を予防する手段として、すぐに思いつくのはコンドームでしょう。

 

但し、残念ながら、コンドームを着用しても100%性感染を予防する保証がある訳ではありません。

 

性病の中で皆さんが最も恐れているのが、HIVウィルスだと思います。実はHIVに感染している人とセックスしてもウィルスに感染しない事もあります。

 

人によって感染確率も変わってくるようです。例えば1回セックスして感染してしまう人もいれば、10回目のセックスで感染してしまう人もいるのです。

 

また、HIVの場合、他のクラミジア、梅毒、ヘルパスに感染した状態でセックスする感染の確率が高くなるようです。

 

性病の予防

 

性病の予防で大切なことは、まずは、よく知らない人とのセックスを避けることです。誰でもいいからセックスしたいという方は危険です。

 

それとセックスの度にコンドームを着用することですね。あと、男女共に言えるのは性器を常に大切に保つことです。

 

男性で包茎の方は汚れが溜まりやすいので、特に注意が必要です。

 

この機会に包茎の克服を考えても良いかもしれませんね。

 

近年、若い男女のコンドーム離れが問題になっています。できるだけ、コンドームは着用することをお勧めします。

 

中出し後の緊急避妊法へ進む

 

変わった性癖へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。