日本人は避妊意識が低すぎる?

日本は中絶する女性が多い?

 

日本では、年間に数十万件の中絶が行われています。望まれない悲しい妊娠がこれだけ日本ではあるのです。

 

昔、中絶というと、避妊に知識が乏しい、高校生などの学生をイメージしますが、最近では20代、30代、40代女性の大人になってからの中絶も珍しくありません。

 

大人の中絶は約50%と言われていて、いかに避妊意識の低い大人の男女が多いかを物語っています。

 

最近、判断力の無い大人が増えてきたと言われるのも無理はありませんね。

 

セックス初心者の10代ならまだしも、大人が望まない妊娠をしてしまうのは、あまり関心できたことではありませんね。

 

生で挿入する男性が多い

 

生でペニスを女性の膣に挿入する男性もどうかと思いますが、それを許す女性も全くの同罪です。

 

日本は海外に比べて、避妊の認識レベルが低いと言われていますが、望まない妊娠をしてしまう一番の原因はやはり、コンドームの使用率が低いことでしょう。

 

生でセックスは気持ちいい?

 

生でセックスする男女のほとんどの理由は、「感度が良いから」、「オーガズムに達しやすい」、「単純に気持ちいいから」と自己満足の理由です。

 

確かに、多くの男女は生でセックスした方が、より快感を得れること感じているようですが、膣外に射精しても妊娠してしまう可能性があることを忘れてはいけません。

 

コンドームを着用しなくても、きちんと膣外射精をすれば、妊娠しないと思っている、大人の男女も中にはいるのですから、驚きです。

 

男性も女性も気が付かないですが、セックス中に精子のがまん汁が出ているのです。

 

その結果、精子を女性の膣の中で射精していなくても、妊娠してしまったというケースは意外と多いのです。

 

精子を中出し!緊急避妊方法

 

男女が熱いセックスをしていて、わざとでは無くても膣内に男性がうっかり射精してしまうことはよくあることです。

 

精子を中に出してしまった場合、不安になる男女は多いはずです。

 

そんな中少しでも、膣内射精してしまった場合、妊娠率を少しでも小さくしたいと考える人もいるでしょう。

 

実は膣内射精してしまった場合でも、100%ではありませんが、緊急避妊方法はあります。

 

アフターピルなど産婦人科に行くことで、手に入る避妊法はいくつかあります。

 

しかし、制限時間もあります。薬にもよりますが、大体膣内射精してから、3日間がデットラインと言われています。

 

もちろん薬ですので、吐き気などの副作用が伴うリスクも否定できません。

 

そのような事態になる前にしっかりとした、避妊対策をすることが大切なのです。

 

月経が止まる原因へ進む

 

性病に感染する原因へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。