性交痛とローション

性交痛とは

 

性交痛を簡単に言うと女性がセックス中に痛みを感じることです。

 

妻が性交痛になり、セックスを楽しめないことで悩みを抱えている夫は多いそうです。

 

セックス中も「イク」とか可愛らしい言葉ではなく「痛い」と叫ばれればセックスを中断するしかありませんからね。

 

妻が性交痛になり、何年間もセックスしていない夫婦もいるようで、元気な夫としては性欲が溜まってしまっていて、欲求不満になってしまう人もいるようです。

 

性交痛の症状

 

性行前から痛いと訴える人やセックス中・セックス後に痛みを感じるなど人によって様々ですが、

 

症状はセックス中に子宮を突かれると痛みを感じる人が多いようです。

 

性交痛になると、セックスする度に痛みが伴うので、セックス恐怖症になる人もいるようです。

 

また、何等かの過去のセックスのトラウマから精神的・心理的に性交痛を感じる人もいます。

 

性交痛で悩みを抱えている女性は多く、解決策としてまずは相手の男性に正直に伝えて理解してもうことが大切です。

 

性交痛の原因

 

性交痛に女性の特徴と原因の1つとして考えられるのは、ペニスを挿入する前の前戯時間短いことが挙げられます。

 

相手の男性が女性の膣が濡れるまで待てずに膣が乾いた状態で挿入することが負担をかけて性交痛の原因になると言われています。

 

実際に前戯時間の長い男女と短い男女では性交痛になる確率も変わってくるらしいです。

 

セックスの時に全く膣が濡れない人は性交痛になる危険性が高いので注意が必要です。

 

性交痛の年齢層

 

性交痛は高齢者の女性がなる病気と言われてきましたが、最近では20代、30代の若いうちから性交痛を経験している人も意外と多いようです。

 

性交痛の対処法

 

性交痛が原因でセックス出来ない現状を対処するためには、ローションなどで十分に膣を濡らしてあげてから挿入することをおすすめします。

 

男性は女性が痛みを訴えるようでしたら、しばらくセックスを我慢するのも愛情です。

 

あまりに性交痛が酷いようでしたら、一度産婦人科に行って診察することも1つの手です。

 

AQUAローション
AQUAローション

オーガニックグライド 
オーガニックグライド 

バススライム
バススライム

 

セックステクニックへ進む

 

性欲衰退・男性女性へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。