夫婦関係に不満

夫婦の仲が悪い

 

夫婦の些細なすれ違いから夫婦関係に不満を持ったり、仲が悪くなることもあります。

 

できれば関係を改善したいのですが、なかなか簡単にいくものでは有りません。

 

コミュニケーション不足の夫婦

 

すれ違いになる夫婦の特徴として、コニュニケーション不足が原因になっていることが多いです。

 

その代表となるのが、挨拶とお礼です。朝の「おはよう」と「ありがとう」が言えない夫婦は離婚する可能性が高いです。

 

夫が妻の髪型など些細な変化に気が付かないと、妻は女性として見てくれていないとショックを受けます。

 

妻が夫の仕事の悩みを真剣に聞いてあげないと、夫が他に自分の居場所を作ろうとします。

 

このようにお互いにコニュニケーションを怠ると夫婦のすれ違いは起こりやすいのです。

 

セックスする夫婦

 

セックスしているからと言って、夫婦の仲が良好な証拠になる訳ではありません。

 

夫が妻にセックスを強く求め、妻が仕方無く、夫の性欲に答えている可能性があるからです。

 

実際に頻繁にセックスしている夫婦でも、しぶしぶ妻がセックスに付き合っていることが多いのです。

 

確かに、結婚する時は、特別なことが無い限り、パートナーとセックスしたくないと思う人はいないと思います。

 

それが、3年、5年、10年、20年と結婚生活が長くなることで、2人の間あるいは片方がマンネリ化してしまうのです。

 

すれ違いの積み重ねで離婚

 

夫婦にすれ違いが出てきても、すぐに離婚になることは少ないようです。

 

子供がいる場合もありますし、お互い真剣に結婚したのですから、当然なことだと思います。

 

しかし、夫婦になり一緒に毎日生活することで、夫が仕事で頑張っていることを忘れてしまったり、妻が家事や育児をして影で家庭を支えてくれていることを忘れてしまいます。

 

夫婦の努力をお互い認め合うことができず、「俺の方がつらい思いして頑張っている」、「私は育児を1人で悩んでいる」など相手を考えない個人的な主張が多くなります。

 

結婚生活はすれ違いの積み重ねで離婚に発展するものなのです。

 

法律で2人の関係が守られていることに安心してしまうと、相手を思いやる努力を怠るようになり、お互い不満を持つようになります。

 

愛のある夫婦生活が崩壊してしまうのです。

 

セックスを楽しむ夫婦

 

結婚してからセックスレスに悩む夫婦は多いようですが、結婚している夫婦で1か月に1回もセックスしない夫婦は約3割程度もいるようです。

 

結婚している人の3割がセックスを楽しめていないと言うことです。しかし、頻繁にセックスしている夫婦でもお互い合意の基セックスをしていないことを考えると充実したセックスをしている夫婦は少ないはずです。

 

特に女性がセックスに気を使っている傾向が強く、「男性が喜ぶから」、「断ると機嫌が悪くなる」、「セックスの度に気持ちよさそうに演技する」などセックス嫌々している妻は意外にも多いのです。

 

セックスを楽しめている夫婦は仲が良好なことが多く、離婚する確率も低いはずです。

 

セックスレスに悩む男女の改善策

 

夫婦円満 セックスレス解消ブックへ進む

 

出産後のセックスレスへ進む

 

夫婦のセックスレス原因と解消法へ戻る

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

注意
18未満の方はご退場ください。